イデアシステムトップ

★機能詳細 ★体験版DL ☆サポート情報 バージョンアップについて 2004Proトップ
ご注文方法 ★特色 動作環境とパッケージ 旧バージョンとの違い mail

旧バージョンとの違い

ここでは、2000Pro〜2003Proと2004Proとの違いを説明します。
2003Proと2004Proの違いは機能詳細か、2004Proトップページをご参照ください。

<イデアのAI時間割 2004 Pro と 2000、2001、2002、2003 Proとの違い>
よくなった点

1.授業の設定など

・授業の設定を変更する場合に、残り駒にしなくて済む授業については、駒が入ったままで設定の変更が行えるようになりました。
・少人数制の授業や2.3時限連続授業の設定が簡単になりました。
・授業の簡単設定が簡単になり、授業追加登録ボタンから対話的に登録が可能になりました。3時限連続授業までの対応など設定内容も強化されています。
・科目別や教室別の授業確認が行えるようになり、科目単位などでの受け持ちの先生の確認が簡単になりました。
・選択・合同・展開・TT授業で登録してある順番を並べ替えられるようになりました。
・会議の簡単設定の際に、授業としてカウントしない設定を指定できるようになりました。
・年度変更(持ち上がり)の処理が追加されました。学年ごとそっくり持ち上がる場合に便利です。
・授業で追加登録ボタンから、対話的に登録が可能になりました。
・授業で授業削除ボタンから、対話的に授業をまとめて削除できるようになりました。
・授業の簡単設定機能も機能が追加されたので、ますます設定が簡単になっています。授業設定の原形のファイルが用意されているので、最初の登録がとても短時間で行なえます。簡単設定の中で、科目や先生の追加が行えるようになり、科目や先生の登録忘れがあったときでも、後戻りせずに作業できます。
・選択授業の新規登録時に、簡単登録の機能が追加されました。これにより、選択授業の登録が簡単に行なえるようになっています。また、内容の変更も登録と同様の手順で行えるようになり、変更の作業が簡単になりました。1クラス単位のTTや体育の2クラス単位の登録などが簡単になりました。
・確定授業設定ウインドウに、配置済みの授業の駒番号が表示されるようになりました。配置されている駒との対応がわかりやすくなりました。
・基本設定でLHRの時限を指定することで、自動的にLHRの授業を生成するようになりました。全校で同じ時間にLHRを行っている学校では、LHRの配置が自動的に行えるようになりました。
・会議の登録が簡単設定で行えるようになりました。
・試験時間割の作成が簡単設定で行えるようになりました。
・クラス別と先生別の授業時数の確認の全体と詳細の表示が行なえるようになりました。授業の登録内容の確認と修正がより簡単に行なえるようになっています。

2.オプション・作成・AI手直しなど
・作成やAI手直しの試行方針に、「熟考」モードが追加されました。これを指定すると時間を掛けて最大16駒交換までの手を読み、駒入れや振替の提案を探します。
・一手戻しに「一手戻しUndo」ができるようになりました。一手戻しで戻した内容を取り消したり、何手か戻って駒の動きを確認する事ができるようになりました。
・作成の際のチェック機能を強化しました。作成の際にログを表示しますので、授業の設定内容にエラーがあった場合の確認や修正が楽になりました。
・授業で設定した科目と、選択合同展開TT授業で指定した科目を別の科目と扱うかをオプションで指定できるようになりました。
・授業の連続を昼休みで区切るか続けるかをオプションで指定できるようになりました。
・駒の入りが大変良くなりました。オプションで指定された条件へのチェックも厳しくなり、AIルーチンが強化されています。
・作成の処理中に、駒の配置状況をリアルタイム表示できるようになりました。これを利用して、授業の配置状況が作成中に把握でき作業効率が良くなりました。
・変更した駒を青枠で表示するようになり、変更された授業が把握しやすくなりました。
・AI手直しの提案のグラフィック表示で、クラス、教室、先生に加えて、科目も表示できるようになりました。
・先生マスクにより、AI手直しで移動させない先生を一人一人指定できるようになりました。
・提案マスクにより、AI手直しで移動させない時間を指定できるようになりました。
・一覧表示で、ドラッグによる持ち手変更が行えるようになりました。これにより、授業を受け持つ先生を差し替えられるようになりました。
・一覧表示で、ドラッグによる差し替えが行えるようになりました。これにより、ほぼ思い通りに差し替えが行えるようになりました。AI手直しとの連動で、益々便利に使えます。
・クラス、教室、科目、先生にカラーを使用できるようになりました。カラー自動設定により、色の設定を自動で一括して行えるようになっています。
・時間割作成に「作成(指定科目のみ)」、「作成(確定のみ)」、「作成(確定+選択授業のみ)」、「作成(確定+選択+連続授業のみ)」が加わり、作成作業がやりやすくなりました。
・AI手直しの提案内容をグラフィック表示で確認できるようになりました。グラフィック表示の有無は、オプションで指定できます。
・AI手直しの提案を、手数の少ない順に表示するようになりました。
・AIルーチンが若干強化されました。これにより、残り駒の発生が少なくなり、得られる提案の数も多くなっています。
・AI手直しの提案表示では、提案と一緒に提案が得られない理由もマークで示します。このマークにマウスを合わせることで、短いメッセージで理由を知ることができるようになっています。
・AI手直しの連動が強化されました。連動を指定されていると、先生の授業をマウスカーソルで示すと、クラスや教室の表示がマウスで指された授業に連動して表示されます。
・帯(スライド)方式の時間割へのオプションが追加になりました。

3.印刷・出力関連
・一手戻しで記憶している範囲の変更された駒を、指定により太字斜体で印字できるようになりました。
・時間割形式の印刷を用紙サイズに合わせて行えるようになりました。
・先生禁制の斜線や枠外の日付や頁などを印刷しないように指定できるようになりました。
・テキスト出力(CSV形式)で、項目の先頭に付加する文字を指定できるようになりました。これにより、半角スペースを付けつ付けないなど、設定が任意になり、利用するアプリケーションにあわせて適すと出力を行えるようになります。
・テキスト出力(CSV形式)で、先生禁制の時限に「※」を出力するか、指定できるようになりました。
・HTML形式(ホームページの形式)でもカラーが使用できるようになりました。
・クラス、教室、科目、先生にカラーを使用して印刷できるようになりました。
・HTML形式(ホームページの形式)で時間割の作成結果を出力できるようになりました。
・テキストファイルへの出力操作がわかりやすくなりました。
・先生別・クラス別の他に、教室別の時間割を印刷できるようになりました。
・先生の印刷の際に、先生の印刷の順番を細かく指定できるようになりました。
・プレビューの機能が強化され、プレビューから印刷も行なえるようになりました。

4.その他
・スクールパックの結合ツールに一括入替えの機能が追加されました。月曜と火曜の授業をそっくり入れ替えたり、金曜の午後に月曜の授業を入れたりできるようになります。
・スクールパックの結合ツールで結合の処理中に、重複した授業などについてのメッセージをログとして表示するようになりました。重複して登録したデータの確認などが行えます。
・イデアのAI時間割本体の処理中に、指定により自動バックアップを行えるようになりました。バックアップ間隔をおおよその分単位で指定できます。
・スクールパックにデータの結合ツールが添付され、別々に入力した時間割データをまとめたり、1週間の時間割を二つつなげて2週間時間割にしたり、2週間の時間割を分割して1週間の時間割に分ける事ができるようになりました。この結果、入力作業を分担して行ったり、翌週の時間割と振り替えるといったことが可能になりました。
・スクールパックに、時間割データを表示するビューワープログラムが添付されました。これにより、ネットを経由して時間割データファイルを直接閲覧できるようになりました。
・機能強化された年間実績の集計プログラムが添付されています。期間指定をして、まとめて時間割の取り込みが行えるようになりました。時間数確認のシミュレーションにも利用できるようになりました。
・クラス、教室、科目、先生などの登録数が多い学校でも、少し処理が早くなるように改善されました。
・Windows95がサポート対象のOSからはずれました。動作しないというわけではないのですが、動作確認や情報提供を行わなくなりました。Windows98以降のOSについては、これまで通りです。

<少し悪くなった点>
・すこしだけ余分にパソコンのパワーを必要とするようになりました。イデアのAI時間割の発売時点で、標準的な仕様のパソコンで快適に動作するというコンセプトは、守られています。

お申し込み・お問い合わせ先

株式会社 イデアシステム
〒069-0861 北海道江別市大麻北町518-21
TEL (011)386-2197  FAX(011)386-1153

イデアのAI時間割 2004 Pro
イデアシステムメニュー