Windows2000で動きが遅くなる

イデアのAI時間割 2004 Pro
サポートメニューに戻る


 Windows2000で動きが遅くなる場合の対処について

 Windows2000などNT系列のOSでは他のWindowsとくらべて、OS自体の動きが遅くなります。これに加えて、Windows2000では画面の再描画の回数が多くなりますので、一覧表示やタイル表示で多くの範囲を表示していると、表示にかなりのCPU処理時間を取られます。

 パソコンのCPU能力が十分であれば問題はありませんが、CPUの処理能力が不足している場合には、フリーズのように見えるほど遅くなる場合もあります。一覧表示する範囲を少なくしたり、ウインドウをこまめに閉じながらお使い下さい。

 反応が遅くなった場合は、マウスを動かさずに、そのままお待ち下さい。Windows側の再表示の処理が終わると、処理が続けられます。  
 

 異様に遅く感じたり、フリーズのような現象がある場合には、システムに組み込まれているディスプレイドライバが、Windows2000に対応したものであるか、ご確認下さい。

 Windowsの設定でグラフィックスのハードウエア・アクセラレータの設定が「最大」になっている場合、設定の目盛りをすこし左に(「なし」の側)ずらすことで、問題が解決する場合もあります。