Windows2000で印刷がうまくいかない現象について

イデアのAI時間割 2004 Pro
サポートメニューに戻る


 Windows2000で印刷の際に、印刷が行われずイデアのAI時間割がメモリから削除される現象について

 Windows2000で印刷する際に、印刷ボタンをクリックするとイデアのAI時間割が消えてしまうという現象が報告されています。いずれも、UpdateされているWindows2000で起きており、他のOSでは発生していません。

 

 これまでわかっている内容についてお知らせします。

・この現象は、プリンタドライバまたはOS側で起きている何らかのエラーが原因となり、メモリ上からイデアのAI時間割に関する情報が削除されるために起きているものと推測されます。 

・ネットワークで接続されたプリンタの使用中に発生しています。

・システムを終了して再起動すると以後問題なく印刷できるという報告がありました。

・EPSONのプリンタドライバで、プリンタスプールの設定をRAWに変更すると問題なく印刷できるという報告がありました。変更後システムを再起動して下さい。

・CANONのプリンタドライバで、ドライバをアップデートすると問題なく印刷できるという報告がありました。必ず古いドライバを削除してから、新しいドライバをセットアップしてください。

・リコーのプリンタドライバで、ドライバを「ミニドライバ」または「RPDLドライバ」に変更すると良い、という助言を頂いています。初期値でセットアップされるドライバは、重たい(メモリが沢山必要)ということでした。

 Windows2000でのみ起きている現象です、他のOSでは発生していません。原因については調査中です。

 なにかわかりましたら、この頁で報告致します。

 印刷を始める前に、必ず時間割データを、名前を付けて保存して下さい。

・未検証の情報です。WINDOWSのシステムにある、Tempフォルダの中に、作業ファイル(拡張子がtmpなど)が沢山残っている場合に、アプリケーションをすべて終了してから、この作業ファイルを削除して、再起動すると改善する場合があります。(4月7日追加)

EPSON社のサポートページ

CANON社のサポートページ

リコー社のサポートページ

 

☆Windows2000/XPでの印刷の処理を一部変更してみました。最新の改善版(アップデート)は以下のページからダウンロードできます。(2004.4.13)

最新版アップデート用プログラムのダウンロードページ