堂々巡りを避けるには

イデアのAI時間割 2004 Pro
サポートメニューに戻る


 AI手直しを行っていると、最初に移動させた授業がいつの間にか元の所に動いていることがあります。この堂々巡りを避ける方法を紹介します。

 オプションの「提案内容のグラフィック表示」を有効にして、提案の内容を確認しながら作業するようにします。最初の提案がうまくないときは、次の提案をためしましょう。

先生禁制を利用する

授業を移動させて空き時間を作ったときに、空いた時間に先生禁制の駒を入れておくと、あとで他の授業が入らなくなります。

確定授業を利用する

移動させた授業をそこから動かしたくないときには、通常<>確定を使って、通常の授業を確定授業に変更しておきます。これで、勝手に動くことは無くなります。

駒はずし&駒入れを使ってみる

振替提案の他にも移動提案などがありますが、じゃまになる授業を「駒はずし」を使って一度残り駒にして時間を空けてから、必要な調整を行います。あとで残り駒を駒入れすると、うまく調整できる場合もあります。

簡単ガイドとユーザーズガイドには、もっとたくさんのヒントが紹介されています。ぜひご参照下さい。