イデアのAI時間割2017Proの特長と機能を、画面を中心に解説

プログラム画像の解説 前へ 次へ 特色 2017Proトップ

 AI時間割と連携する専用の入出力エクセルブックは、「名称簡単設定」と「授業簡単設定」があります。

<名称簡単設定テキスト: 先生シート>

 製品添付の専用エクセルブックに、名称属性を設定してテキスト出力すると、イデアのAI時間割で利用する事ができます。
 イデアのAI時間割では、「名称の簡単設定」でエクセルブックから出力したテキストファイルを読込ます。

 先生だけでなく、科目、クラス、特別教室などの名称属性も取り込む事ができます。

 

<授業簡単設定 エクセルブック>

 エクセルシ−トで授業の設定が可能です。
 製品添付の専用エクセルブックに授業内容を設定し、「授業簡単設定データ出力」をクリックして、(.idx)形式のデータで出力しておくと、イデアのAI時間割で利用できるようになります。

 イデアのAI時間割では、「授業の簡単設定」で、エクセルブックから出力された.idx形式の授業簡単設定データを読み込み、授業を生成します。学年毎に生成しますから、「次へ」 ボタンをクリックしてゆくだけで、授業の大枠ができあがります。

以下の画面は中学校用のエクセルブックです。他に高校・併設校・小学校用もあります。



<授業簡単設定データ出力>
上記エクセルブックで「授業簡単設定データ出力」をクリックすると、「授業簡単設定中学校.idx」という名前で出力されます。


<イデアのAI時間割:授業の簡単設定>

 AI時間割の「授業簡単設定」画面と、エクセルブック出力「授業簡単設定中学校.idx」の連携を解説します。

イデアのAI時間割の「授業の簡単設定」の、「簡単設定を読込」をクリックし、「授業簡単設定中学校.idx」を読み込みます。





読み込むと、学年毎に授業が生成されます。
「次へ」をクリックします。




少人数授業は以下のように表示されます。



「次へ」をクリックして3年まで授業を生成後、「完了」をクリックすると、授業が出来ています。

授業一覧画面を見て、確認してください。


プログラム画像の解説 前へ 次へ 特色 2017Proトップ