イデアのAI時間割の機能詳細(基本・条件設定)です。

機能詳細 次へ 2018Proトップ


 基本・条件設定 

 情報表示・ガイド表示

 科目・先生の個別設定条件で、学校の事情にきめ細かく対応しています。
→個別条件や全体条件の画面例 

<情報表示・ガイド表示>
・ 先生/科目/クラス/教室の登録が無い場合、情報ウインドウにメッセージを赤文字表示
・ 時間割初心者用のガイドメッセージを表示(オプションで選択)
・リーセントファイルで、削除されたデータをレジストリから削除
→削除の際、メッセージを表示して確認

 基本設定

 <基本設定の概要> 
 授業設定前に、基本設定で時間・曜日の最大枠を決定後、名称を自動生成やファイル取込等で設定します。名称設定後に、その各要素に個別条件を設定します。これで授業設定の準備が整います。個別条件は自動生成でもある程度設定されますし、設定は必須ではありませんが、あらかじめ設定しておくと後で便利です。

<基本設定・新規> 
 1〜12日、1〜16時限の自由な範囲で設定できる時間割の枠組です。
 昼休み・曜日・時限の設定も便利です。
 帯・スライド時間割(中学校)の帯の長さも、192(12×16)の範囲で、自由に設定できます。

<基本設定・変更> 
 各種設定後でも、基本設定の変更が可能です。基本設定を変更しても、先生・科目禁制の設定を保持します。

 基本設定・変更画面で、「帯(スライド・テープ)時間割を設定する」をチェックすると、帯時間割用に、帯番号を表示した設定画面となります。

 名称の簡単設定

 名称の簡単設定ではクラス・教室・科目・先生の名称・略称・属性等が一括設定できます。

 名称の簡単設定は、初めてイデアのAI時間割を利用する際の設定時間の短縮に役立ちます。
名称テキストデータや、名称の簡単設定専用エクセルブック出力テキストデータを、名称の簡単設定入力データとする事ができます。

 クラスの名称の簡単設定で、「テキストファイルから読込む」を指定すると、特別教室・datから、特別教室を読み込む事ができます。特別教室.datは、専用エクセルブックなどを利用して、学校独自の特別教室の名称が設定されたファイルにする事ができます。

 個別条件設定

 <名称属性・個別条件の一覧画面> 
 クラス・先生・科目・教室の個別の各要素に、属性や駒入れ条件等を更に設定・変更する事ができます。
 タイル一覧表示・属性一覧表示・詳細設定表示・駒入れ状況表示の4種類の画面から、各種情報を見る事ができ、設定された条件や駒の配置のバランスを見る事ができます。
タイル一覧は駒配置後に、授業の時間的なバランスを見る事ができます。
  属性一覧は、名称属性、個別条件を一覧で見る事ができます。先生属性一覧画面では、名称属性と個別条件の画面が分かれています。

 <個別条件設定の概要> 
個別条件には名称・略称の他に、学年や校務などの属性、禁制時間など個別条件が設定できます。学年(12学年対応)の名称属性は、1〜6年、中1〜3年、高1〜4年、短1〜2年、7〜9年まで設定できます。ウイザードでの授業設定や印刷時に学年・校務でまとめて指定できます。

 個別条件設定の時間枠の周りに曜日と時限を表示し、授業の有無や禁制設定を曜日・時限毎にまとめて設定も可能です。

 個別条件は複写・貼付ができます。 略称・略称2の入力可能文字数は8文字です。
個別に設定できる条件は以下の通りです。

 (クラスの設定条件)
学年設定、クラス個別の時限設定、科・コメント等の設定、略称

 (先生の設定条件)
 先生個別の持ち時間上限、1日に空ける時間数の指定、1日に同じクラスで2度授業しない、先生別の同一クラス連続制限、授業連続制限の個別の緩和、 科目の個別条件で、2単位ものが午後だけに配置されない
先生授業禁制時間、非常勤・連続可、休憩不要の設定、学年・担任の設定(1クラスに複数担任設定可能)、略称、校務 メモ欄、先生個別の授業時数表示(午前+午後集計)、先生一覧属性表示画面に属性を全て表示

 (科目の設定条件)
 科目を授業としてカウントするかの設定、使用教室設定、個別に1日に2度授業の許容、2単位の授業の内、1単位は午前中配置、 科目開始禁制時間の設定 学年設定、科・コメント、略称 

 (教室の設定条件)
 同時収容数(1つの施設を何クラスまで同時授業可能か)10まで、クラスと施設としての教室を分けて管理、 教室として授業可能時間の個別設定、学年、略称

 名称登録後に、名称が追加されて順番が規則的でなくなった場合や、新たな規則で順番を並べ替える必要が出てきた際に、「並べ替え」を行う事ができます。

 <各種変更への柔軟な対応>  
 (設定・授業・AI手直しの連携)
 ・名称や条件の設定後も、基本設定・簡単設定を行えます。
 ・条件の変更は、直ちに授業や配置した駒に反映されます。
 ・先生の担任クラスの変更があった場合、LHRや道徳も変更可能です。
 ・先生やクラスの詳細画面からAI手直しへのリンクで、各種設定と駒入れ・調整の操作の行き来が大変スムーズです。
 ・条件設定や授業設定からAI手直しまで、幅広く一手戻し及び一手戻しアンドゥが機能します。

 (個別オプション一括変更)
 「個別オプション一括変更」では、先生と科目の個別条件(駒入れ条件)を条件毎にまとめて設定・解除できます。一覧画面で、どの先生や科目にどのような条件が設定されているか管理可能で、変更も一覧画面で行う事ができます。

 (名称の追加取込)
 時間割作成中や完成後に名称の追加があった場合、テキスト形式でで名称属性をまとめて取り込める「名称属性のファイル追加取込」が可能です。


 カラー対応・並べ替え・検索

<カラー対応>
 クラス・科目・先生・教室の名称の、カラー設定・表示・印刷に対応。名称全て(授業IDも含む)に一度にカラー自動設定することも、個別に設定することもできます。教科と先生とで色を揃えたり、特にバランスを見たい駒を目立つ色にしたり、色々な工夫でバランスを見るのに役立てる事ができます。

<名称の並べ替え>
 クラス・科目・先生・教室名称は、番号等を指定して並べ替えできます。先生名称に関しては、「学年順」「科・コメント順」に整列するボタンがあります。先生の並べ替え順は、記憶する事もできます。

<名称の検索>
 科目・先生のタイル一覧画面、属性一覧画面では、名称をを入力して検索する事ができます。科目数や先生数の多い学校で利用します。

<禁制一覧>
 先生一覧画面の「先生禁制一括設定」では、一覧画面のまま半日単位で禁制設定・解除が可能です。 禁制一括設定画面の先生名クリックで、詳細画面を表示し、時間単位の禁制設定もできます。



お申し込み・お問い合わせ

株式会社 イデアシステム
〒069-0861 北海道江別市大麻北町518-21
TEL (011)386-2197  FAX(011)386-1153

機能詳細 次へ 2018Proトップ