Idea System

スクールパック版の内容について説明しています。
 (2020年1月23日更新)

イデアのAI時間割スクールパック
title-drop スクールパックの追加機能

 スクールパックは、以下の点で標準版より高機能です。

title-bigleaf臨時時間割の作成時間割の大幅な変更に便利な機能

title-bigleaf「大規模校」「複雑な時間割の学校」で便利な機能

title-bigleaf多人数で作業分担する機能

title-bigleaf時間割告知機能


製品イメージ画像

 具体的には、以下の機能・製品が追加されています。

title-green追加ライセンス 2個(本体を含めて合計3ライセンス)
  →同一学校内の3人の先生までサポートします。
title-green追加ガイド2セット(本体を含めてガイドの合計は3セット)
  →ガイドが3組あると、複数の担当の先生の手元にガイドを置く事ができます。



   本体プログラムで、標準版に以下の機能が追加されています。
title-green「行事の簡単設定」の機能
 メニューバー「設定と表示」-「行事の簡単設定」で、ウイザード形式で行事を時間割の中に組み込む事ができます。
行事が入った結果、行事のある学年・クラスの残り駒は削除します。行事に関連する先生の他クラス・学年の駒はAI手直しで調整します。
行事の簡単設定
title-greenAI一覧での「駒書き換え」の機能
(スクールパック一覧画面 : 右クリックメニュー)

AI一覧表示の右クリックで、スクールパックでは、駒の書き換え・削除・追加などができます。
(標準版ではこの3つはできません。)
残り駒欄右クリックでも同様の処理が可能です。
sp-option
(駒書き換え)
臨時時間割など急な変更などに、駒書き換えを利用します。↓
sp-option
title-greenAI一覧で、「独立ウインドウ」の補助一覧表示

 AI一覧表示で「補助一覧表示」をチェックすると、独立ウインドウの補助一覧表示を表示します。先生一覧とクラス一覧を別々に表示して操作する事ができます。スクールパックでは補助一覧表示と、最下段の補助表示と両立して使用することができます。
補助一覧表示は、多彩な使い方が可能ですから、運用・調整に役立てる事ができます。

sp-option
title-green駒はずしの対象選択肢の追加
 「曜日」と「時間」を指定して駒はずしができます。行事を入れたい時や、臨時時間割作成時等に利用します。 sp-option
title-green残り駒欄の駒削除
 AI一覧表示の「残り駒欄」の残り駒右クリックで駒を指定して削除する事ができます。
 大きな行事を時間割に組み込んだ場合に、発生した駒を削除するのに利用します。 残り駒削除

title-greenスクールパック専用オプション
以下のオプションはスクールパックの本体プログラムのみで設定可能です。オプション設定の「スクールパックオプションを開く」をクリックして設定して下さい。
 ・空白欄の駒入れ
 ・駒分け機能
 ・クラスマスクと科目マスク
 ・教室一覧での教室変更ガイド
 ・移動提案で、教室から押し出す授業を複数の中から指定する
 ・関連情報表示を一覧形式で行う sp-option



(空白欄の駒入れ)
・授業設定で先生と教室が空白でも、駒入れ対象とする事が可能。
(スクールパック版以外では、これは駒入れ対象となりません)

  空白の選択授業例:
sp-option


  空白の選択授業の駒入れ例:
sp-option



(駒分け機能)
・駒配置後に教室を変更する際に、1時間ごとに教室変更が可能。
教室が変更される際に授業も教室単位に分割されます。

  AI一覧表示での駒分け例:
sp-option

  駒分け後に選択授業のデータが自動で修正されているようす:
sp-option



(クラスマスクの設定・科目マスクの設定)
 →クラスマスク設定例:駒移動の対象からはずすクラスを指定します。
sp-option


 ↓以下のように設定したクラスに赤線が引かれました。
sp-option



(教室一覧の空き教室ガイドの表示)

 木曜1限の保体をドラッグドロップでつかんで、体育館2への教室移動を見ていますが、同じクラスの保体(月曜7限・火曜4限)に体育館2に空きがないのがわかります。
sp-option


(移動提案で、教室から押し出す授業を複数の中から指定する)

 複数の駒の中から、押し出したい駒を指定できます。
spopt05


(関連情報表示を一覧形式で行う)

 駒の関連情報を、「一覧(黒板)形式」で表示する事も選択できます。
 名称も表示され、駒をこの中で動かす事もできます。
spopt6
 標準版では、以下のタイル表示のみの関連情報となります。  
spopt62
title-green選択授業の内容一覧表示機能
(選択授業一覧画面 : 属性表示画面)

選択授業名と共に、単位数・先生・科目・クラス・教室・授業IDなどを選択して、内容を一覧表示できます。
長い科目名なども表示できるよう、「横長タイルで表示」機能があります。
sp-option

 (選択授業一覧画面: タイル表示画面)

選択授業名と共に、選択授業が配置された時間を表示します。

sp-option
(選択授業一覧画面:選択授業並べ替え画面)

→ボタンクリックで、先生・科目・クラス・教室・科目順に自動整列します。
カラーを揃えたい場合は、選択授業名称の先頭3文字を揃えて、メニューバーのカラー自動設定で 「全クリア」-「カラー自動設定」を行います。
→その他、数字入力や、モード(先頭に など)指定後名称クリックで、並び順を変更する事ができます。

sp-option


title-green時間割データ結合
 複数の先生で分担して入力した授業データを一つに合体する機能です。入力を分担すると更に短時間に作成できます。分担の単位は、学年や科目毎など自由に決める事ができます。
 特に大規模校や先生・科目の多い学校での時間割設定に、この機能が力を発揮します。結合の操作は、分担入力したファイルを指定ゆくだけの簡単でシンプルな作業です。結合の際に、重複がある場合はメッセージ表示します。
sp01

title-green時間割データ分割・連結
 時間割データの曜日を指定して、時系列で分割出力・連結する機能です。
 2週間単位の時間割を、分割機能を利用して土曜日のある週としてa週、無い週としてB週を雛型として作成します。1週が経過した時に、1週目A週の時間割データを分割機能で過去週として切り離し、2週目B週に3週目のデータとしてA週を連結して、振替対象とします。
 分割・連結を繰り返す事によって切れ目なく1週間未来までの授業を振替の対象とする事ができます。この事で時間割実績に取り込むデータも完全に継続する事ができます。
sp02

title-green時間・曜日を指定して丸ごと駒交換
 行事などがあって学校全体で時間割変更するのに便利な機能です。曜日や時間を指定して、丸ごと駒を交換できます。この設定を行うと、駒交換を設定した曜日・時間は、学校全体の時間割が入れ替わります。
 曜日・時間をドラッグして交換設定すると、直ちに時間割データに反映されます。先生やクラス単位の駒交換でなく、学校全体の時間割の入れ替えです。sp03


title-green時間割データ閲覧(スクールパック付属ツール:ビューワープログラム)

 本体とは別プログラムのビューワープログラム「イデアのAI時間割viewer」を起動すると、複数のパソコンで同時に時間割の閲覧ができます。時間割会議や、時間割の学校内告知に役立てる事ができます。
 時間割の告知機能(掲示用機能)として、変更部分をわかりやすく明示する機能が追加されました。メニューバー「内容表示」-「掲示用表示」を選択します。

sp-option


(掲示用表示例) 
 掲示用表示では、時間割データの内容を自動スクロールして表示します。表示する帳票や項目、表示速度なども選択できます。「基本時間割の指定」クリックで、比較したい時間割データを指定できます。
以下は、変更部分を明示した表示例です。
最新で読み込んだ時間割データが表示時間割の「高等学校05」、比較する時間割データ基本時間割の「高等学校04」です。
変更のあった駒に、赤い四角と黒丸の点が付加され、変更があった事を明示しています。
sp-option
 この画面は、「先生一覧」で表示して自動スクロールしています。


sp-option



お申し込み・お問い合わせ

 go-top

Copyright (株)イデアシステム